第9号『合成の誤謬(ごびゅう)』

こんにちは。

同友会東支部ホームページ『ひがしかぜ』と連動したメルマガに掲載している【コラム】The EAST WINDです。

毎号、福岡同友会におけるトピックや東支部でのエピソードをご紹介してまいります。

 

今回のテーマは『合成の誤謬(ごびゅう)』です。

 

飲み会の多い季節です。

幹事が「今日は割り勘にします」と言いました。

それを聞いた参加者は、メニューの中から

自分の食べたいもの・飲みたいものではなく、高いものを頼むようになりました。

その結果、必ずしも飲食したいものを注文したわけでもなく、参加費は高くなりました。

 

農家の人は「豊作」を願います。

「豊作=収穫量が多い=収穫量に応じて収入が増える」という方程式が頭の中に浮かびます。

しかし、豊作→供給過剰→単価が下がる→収入が大きくならない(場合によっては減る)。

 

費用削減とエコを兼ねて、リサイクルしたが、結局高いものになりました。

 

これらは『合成の誤謬』といわれる経済用語の事例です。

ミクロの視点では正しいことも、それが合成されたマクロ(集合量)の世界では、必ずしも意図しない結果が生じることを指します。

これから同友会は「エネルギーシフト」について考えていきます。

ふと、『合成の誤謬』という言葉が頭をよぎりました。

しかし同友会のめざすところは、ズバリ『ビジネスチャンス』です。

新聞で代表理事が「石油」についての座談会の中で、

「わたしたちの会ではエネルギーシフト」について考えています」と明言していました。

今後、このコラムで「エネルギーシフト」について、書いていきたいと思います。

ではまた。菅原マーク

関連記事

東支部会員専用


※ログインIDとパスワードが必要となります。

ブロック・プロジェクト開催報告はこちら

東支部活動予定カレンダー

9月 2021
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
« 8月   10月 »

ひがしかぜ最新ニュース

  1. ゴルフ同好会の皆様 日々お仕事大変お疲れ様です。
  2. 福岡県中小企業家同友会 東支部主催同友会を知る会◆報告者 富士食品(株) 代表取締役社長...
  3. ◆◆ 東支部9月例会のご案内 ◆◆3年先の経営に向けてチャレンジできることとは?...