第10号『星に願いを』

こんにちは。

同友会東支部ホームページ『ひがしかぜ』と連動したメルマガに掲載している【コラム】The EAST WINDです。

毎号、福岡同友会におけるトピックや東支部でのエピソードをご紹介してまいります。

 

今回のテーマは『星に願いを』です。

 

夜の星がきれいに見える季節です。

冬の大三角と言われるオリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンが瞬いています。

 

よく流れ星を見たときに、願い事を3回唱えると叶うなどと言われますが

その真偽のほどはいかに。

「そんな短い時間に、3回も唱えられるはずがない」。

「すぐに願い事が思いつかない」。

そんな声が聞こえてきそうです。

 

この話をするとき、引き合いに出されるのが『エレベーター』でのエピソード。

大会社本社のエレベーターで営業課長が社長とたまたま一緒になった。

「君、例の案件はどうなっている」と社長の質問。

課長はすぐさま「それにつきましては、○○まで進んでおりまして、課題は××です」と即答しました。

その直後、その課長は部長に昇進したという話。

 

人間は頭で判断して行動します。

「今日はカレーを食べたい」と思うからカレーを食べるわけです。

つまり、頭で考えていなかったら行動しないのです。

常日頃から、問題意識・希望・願い事を頭の中に置いておけば

とったのときに、行動に表れる。

そうすれば解決の糸口やプラスの情報が得られたり、物事が改善の方向に動いたりするというものです。

 

どうです。

流れ星に3回願い事を唱えると叶うというのも、常に頭考えている結果なので、あがなち「嘘」とも言えないようですね。

 

ではまた。菅原マーク

関連記事

東支部会員専用


※ログインIDとパスワードが必要となります。

ブロック・プロジェクト開催報告はこちら

東支部活動予定カレンダー

5月 2022
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 4月   6月 »

支部・ブロック活動予定

ひがしかぜ最新ニュース

  1. 東支部主催 同友会を知る会あなたの経営の悩みは何ですか?他の経営者が悩みをどう克...
  2. ◆◆ 東支部6月例会のご案内 ◆◆ 学び!学べ!学ぼう!同友会と経営者は不離一体...
  3. 東風会ご参加の皆様 日々お仕事大変お疲れ様です。