東支部例会 2018年7月報告

日 時:2018年7月18日(木)18時~
場 所:ウィズ・ザ、スタイル
テーマ:「会社余命2年からの生還」
~独自の戦略で時流を生き抜く~
報告者:有限会社ウィナー 代表取締役 竹田 修司氏(東支部)

内 容:
1969年生まれ、21歳で調理学校を卒業する。
事業に失敗し多額の借金を抱える。
日雇いを始めるが、人を集めてやって借金返済。
新事業が当たり、全国展開挑戦する。
しかしまた失敗しさらに多額の借金。
コンピュータ事業初めて、2000年問題でまたまた借金返済。
完済したときにスタッフが泣いてくれた。まっとうな仕事をしようと決意。
初心に返って「飲食業」始める。
持ち金から言って、余命2年。
全国を回り研究する。イコー会や居酒屋甲子園に参加。
経営理念はオールスマイル。
記憶に残るすごい飲食店を目指す。
キラーコンテンツとインバウンドの戦略。
人をよく見て手掛けた戦略が当たる。
人材教育に力を注いでいる。

齋藤大作座長のまとめ
会社は継続させなければなりません。
環境変化の激しい現在、危機管理を持って経営していきましょう。
「人を生かす経営」の実践の時です。

関連記事

東支部会員専用


※ログインIDとパスワードが必要となります。

ブロック・プロジェクト開催報告はこちら

東支部活動予定カレンダー

7月 2021
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 6月   8月 »

支部・ブロック活動予定

ひがしかぜ最新ニュース

  1. ◆◆ 東支部8月納涼例会のご案内 ◆◆        ボーイスカウト経験者からロープ...
  2. 東支部の公式You Tubeチャンネル「ひがしかぜTV」の第4回目が公開されました!株式会社...
  3. 会社の寿命⁉            ~その時、あなたの会社閉じますか?誰かに託して...